カテゴリ:やまのぼり( 17 )

ひとり山登り。

こないだからずっと山登りしたい。と言ってたotto。

台風の影響で、昨日は川の水も増えてるとテレビで言ってたので、
山登りは危ないから止めたら?と言ってたのに、
言うことを聞かない子供のようなotto。

そんなわけで、今日は朝から一人で山登りに出かけました。
私はottoがいない間に掃除です037.gif

朝ごはんを食べながら「頂上に着いたら手を振るから、見てみて」と005.gif
しょうがないので「野鳥の会みたく、見てあげるわ」と言ったけど、絶対に見えるはずがない014.gif

頂上に着いたら、電話するわ。と言うので、掃除機をかけて待ってたら・・・
思ったより早く電話が062.gif

「周りに誰もいない?手、振ってみて026.gif」と言ったけど、
実際手を振ったかどうかはわからないけど。

頂上に着いたので電話をしようと携帯を出したら、電波が入ってなかったそうな。
風が吹いてきて、電話を見たら電波が入ったのでかけたらしい025.gif
携帯の電波って、風に流されてるの??

私がいないと、スイスイと頂上まで登れたようだけど。
かなりのハイペースで登ったらしく、疲れた~と。
いやいや、いつも私に「山登りは、頂上がゴールじゃないから!降りるまでだから!!」って言ってるのに。

帰ってくるまで、私ののんびりタイムですわ037.gif
[PR]
by sam-neko | 2014-08-12 09:54 | やまのぼり | Comments(0)

ニセコアンヌプリ。

連休初日、天気も良さそうだったのでニセコアンヌプリへ登山に行ってきました。

札幌から小樽(銭函・朝里)経由で、古いナビは“五色温泉”を目的地に設定して出発。

とっても古いナビなので、毛無峠から先は道が繋がってなく、道なき道を突進(笑)
一回通ったところは自動で道を繋げてってほしい・・・042.gif

さてさて。
そろそろ、羊蹄山が見えても良い頃なのに!!
羊蹄山のスソの方しか見えず。
霧(雲)に大部分が覆われてました。

とりあえず、今日は山頂から羊蹄山見れないね・・・と予告?しつつ、
ナビは目的地である“五色温泉”へと誘導。
ちゃんと、目的地に到着011.gif

登山者の駐車場は、隣にあるキャンプ場と一緒に停めれるようになっていて、
立派なトイレもあって満足満足。
ただ、天気が・・・風もあって、寒い025.gif
家を出る時は天気も良かったので、短パンに登山用スパッツ。
長ズボンにすれば良かった014.gifと思ったけど、とりあえず上着を着て登山開始。

入山ポストで書き書きして、登山口へ。
a0199247_20591917.jpg
a0199247_20593688.jpg


すぐに、山頂まで2,500mの標識発見041.gif
a0199247_2103555.jpg


山頂まで2,000m~1,500mの辺りは、結構石がゴロゴロ。
私は、石がイヤだ。
登りずらいし015.gif
この頃には、暑くなってたので上着はリュックにしまってました。
a0199247_21344.jpg

a0199247_2133226.jpg


頂上まで1,500m~1,000mの間には、花が結構咲いてました。
野のユリ?は、霧のせいか寒さのせいか、時季が終わってたのか少し萎れ気味だったけど・・・
a0199247_2155652.jpg

a0199247_2162822.jpg

a0199247_2165244.jpg

a0199247_2172038.jpg

a0199247_2175144.jpg


あと、頂上まで1,000mの辺りから、更に霧が濃くなってきました。
崖がなくて良かったよ。。。
a0199247_219379.jpg


そして、いよいよ。。。ラスト!!
a0199247_2110126.jpg


霧がすごくて、うっすらと見えてきた頂上だったので、
何かあるけど、ここって頂上?て感じで到着(笑)
ottoは「まだ、頂上先でないの?」なんて言ってたけど。

a0199247_21103298.jpg


霧が濃いので、奥にいる人も良く見えません・・・
小屋のところにも人がいたけど、何かが動いてる程度。
熊だったら大変だ008.gif
a0199247_2112576.jpg


周りに誰もいないことを確認して、頂上から周りの風景をパチリ。
と同時に私が「すっごぉ~い!!羊蹄山、すっごいキレイだねぇ~」と、この風景の中言ったら・・・
a0199247_2114241.jpg


霧で何も見えないのに、ottoは“遂にコイツ、壊れたか・・・”と思って何も言えなかったそうな005.gif
どっちの方向に羊蹄山が見えるのか分からないけど、
とりあえず見えてるってことで言ってみた011.gif

ちなみに、写真の頂上まであと〇〇mの標識、登るときはただひたすら登っていたので、
下山の時に撮っていったものです(なので、私のデータでは時間とナンバーが逆に並んでる037.gif

下山する頃には霧もどんどん濃くなっていって、駐車場に着く頃には少し雨も降ってました。
せっかくなので、五色温泉に日帰り入浴してきました。
700円で、大浴場とからまつの湯の2つに入れます034.gif
大浴場はゆったりと少しぬるめの温泉。
からまつの湯は改築したのかキレイだったし、大浴場はシャワーの出が悪かったけどちゃんと出たので大満足。
少し熱めの温泉でした。
どちらの温泉も良かったけどね016.gif

今度は、天気の良い時に再チャレンジして羊蹄山を眺めたいです045.gif
ただ、風のある日は虫が少ないのでいいかもね027.gif

五色温泉を出る頃から雨がポツポツ057.gif
なのに・・・
車でニセコを離れると快晴058.gif
どういうことでしょ044.gif

ニセコアンヌプリは、登山道が広いし私は登りやすいと思ったので、
年内また行ってみたいな001.gif
[PR]
by sam-neko | 2014-07-22 21:29 | やまのぼり | Comments(0)

連休。

週末の連休。
早々と、最終日は兄が休みなので実家で焼き肉やろう!と037.gif

一番最後に知ったのがhahaで、私が電話で「海の日、焼き肉だってー062.gif」と言うと、
hahaは「あ、そうなの?どこで?」って005.gif
「・・・ん?家で。家って、そちらの家でだけど?あれ?聞いてないの?」と(笑)
hahaは、うちでやるの?あ、そう。いいけど~と。

電話をかけた次の日に、hahaから「昨日、お父さんから聞いたわ041.gif」と。
一番焼き肉をやりたい!と張り切ってる兄が父に言ったあと、hahaが出かけていたので先に私に連絡してきたのでした013.gif

それにしても・・・
兄から「〇さん、来るんだべ?」と。
どいつもこいつも。
私がいなくても、ottoには来てほしいらしい044.gif
言われなくても連れてくし、私も行くし026.gif

だって、ウチでも焼き肉焼き肉060.gifってはしゃいでるし。
兄から焼き肉やらない?ってメール来たときも、日にちも確認しないでottoはすぐさま「行く行く038.gif」って言ってたし009.gif

さてさて。
実家での焼き肉は連休の最終日。。。
なので、連休前半はたっぷり山登りです058.gif
天気も雨の心配はないようなので、大丈夫そう。
あっっ!!札幌の天気を見てたよ。
ちゃんと、登るところの地域を見なくてはっっ。

A市に住んでいた時のマンションの管理人さんにも絶対行った方が良いと言われていた“大雪山 旭岳”
連休を使って行きたかったけど・・・
近くの温泉宿は既に埋まっていたので、今回は行けず027.gif

ニセコも良さそうなので、今回はニセコにしようかな?
と、まとまりつつあります045.gif
ニセコも温泉地なので、山登りのあとの温泉はまた格別ですよ~016.gif
[PR]
by sam-neko | 2014-07-17 09:35 | やまのぼり | Comments(0)

おまけ。

a0199247_9391725.jpg

山登りで頂上を目指してる時に、尻尾の青いとかげ?を見つけ…

チョコチョコっと逃げ足が早くて、ottoに言った時には既に石の陰に。

下山途中も見つけたのですぐに言うと、逃げ足早い〜と言いながらも携帯で撮れたよう(撮影者otto)

更に降りてくと、また尻尾の青いとかげ発見!

あそこは隠れやすいから、巣になってたのかな?

さてさて、どこにいるかわかるかなー?

画面中央より少し左の、葉っぱと二本の木が重なってるところの少し右あたりですよー!
[PR]
by sam-neko | 2014-07-14 09:39 | やまのぼり | Comments(0)

銭函天狗岳。

日曜日、雨の予報もなかったようだったので急遽山登りに行くことに023.gif

近間の、銭函天狗岳に行ってきました。
天狗岳なのか、天狗山なのか登る前までどっちかな?と思ってたけど・・・

a0199247_9112037.jpg

山道、結構1歩1歩が登るのキツくて、今回はカメラをリュックに入れたままだったので、
頂上に近づいて拓けたところしか撮れなかった~014.gif

・・・なので、いきなりメイン(?)の岩盤です(笑)
a0199247_9133396.jpg


家の窓から遠くに見えるハゲ山だと思ってたとこ、実はココの岩盤かも~と、ottoが。
吸い寄せられてるのか??
ガイド本によると、この岩盤をロッククライミングの練習に使う人もいるとかで・・・
登ったときに、そんな人はいなかったけど。
垂直だし、怖すぎでしょ!!

登山は、この岩盤を回り込んで登ってくけど、足元は岩が崩れたようなところを歩くし、
この先を登ってくとロープを掴んで進むとこがあったりと、私には結構ハードだった。。。
けど、ガイド本にはランクD。
まだまだですわ。

岩盤ゾーンを登りきると、パッと開けて日光も照りつけました。
a0199247_9181355.jpg


ちょうど、私達が登山口から入ろうとするときに、既に登って降りてきた人がいて、
「早いですね~」と声を掛けると、
「上はとても暑いですよ~」と言ってたけど、そういうことです。
背丈の高い木が生えてないので、直射日光がビッカビカです058.gif

さてさて。
視界が拓けて、小樽と札幌の街なみが見えたところで、もう少し進むと・・・
a0199247_9213763.jpg


“天狗岳”の標識です。
標識の下の方に、石もあります。
後ろからやってきたおじさんが「ココが一番高いところだよ!石もあるでしょ」と教えてくれたので、
写真を撮っといたけど・・・

更に進むと・・・
ハイこちら。
a0199247_9231963.jpg

“銭函天狗山”到着です(笑)

どうやら、天狗岳でも天狗山でも同じということみたい041.gif
1度で2度おいしい??みたいな(笑)

そうして、頂上で少し休憩していると・・・
遠くの山(ちょうど、天狗山の標識の後方の山)に、黒い雲がサーっとかかり始めたので、
あの山は雨だね~と言って、降りはじめると・・・

木に囲まれた辺りで雨がポツポツ057.gif
私が「もう、山登りこないぞー!!」と言うと、雨は上がり005.gif
駐車場に着いて、車を出すと雨がパラパラと降ってきました057.gif
山の神様、私の言葉聞いてたんか027.gif

そんなわけで、今日は筋肉痛。
足もだけど、ロープを使ったので腕も・・・
下山途中、土が湿っていて大きく転んで、尻餅をついたときに両手で全体重を支えた(支えきれなかったけど020.gif)ので、
更に筋肉痛です(笑)

これから友達が遊びに来てくれるのに~039.gif
[PR]
by sam-neko | 2014-07-14 09:32 | やまのぼり | Comments(0)

手稲山

今年も山登りスタートしました006.gif
夏山ガイドによると、手稲山はスキー場の上のほうにも登山口があるので、
今回は一番上から登山スタート!

山登りの楽しみは、色々な花が見られることです056.gif
こちらは、野生のあじさい??
a0199247_9221556.jpg


a0199247_9215934.jpg


a0199247_9214647.jpg


今年初なので、ゆっくり登山。
1時間ちょっとで登りました。

山頂からの石狩・札幌方面038.gif
a0199247_921318.jpg


小樽・石狩・札幌方面。
a0199247_9211351.jpg


山頂に咲いてたハマナス。
とてもいい香りが漂ってました・・・
私は、ハマナスの匂いが好きです016.gif
a0199247_9205484.jpg


手稲山、1023.7mの高さがあるけど・・・
山の途中(スキー場なので、車で上の方まであがれます011.gif)から登山開始したので、
3時間ほどかかるところを1時間ちょっとで登りました032.gif
a0199247_9203735.jpg


晴れてたら、遠くに羊蹄山が見えるらしいけど・・・
この日は天気は良かったけど、うっすらぼんやりしていたので遠くまではハッキリ見えず。
a0199247_9201934.jpg


a0199247_920113.jpg


手稲山には、電波塔が何本も建ってます。
遠く(山の下)から見ると、山にいっぱい刺さってるように見えるけど・・・
電波塔の下(山の上)から見ると、倒れてこない??って、ちょっとビビル(笑)
このおかげで、色んなテレビが見えてるんだね026.gif
a0199247_9194432.jpg


登山は、こちらの登山道を登っていき、
下山するときは、管理用道路(写真の下のほうに映ってる舗装された道)を通ってみました。

管理用の道路は、車が通れるようになってるので坂道を迂回してたので、
登山道を通るよりも時間がかかったー。
途中から、登山道に合流できる(この写真のところ)ので、ここから降りるときは登山道で下山しました。

a0199247_9191868.jpg


ちなみに・・・
手稲山の頂上には、願い石を合わせると・・・とあったので、
ほぅ。じゃぁ、その願い石はどこにあるの?と思って、説明を読んでたら、
手稲の町にある手稲神社で貰って(買って?)持って行かねばならないようで・・・

うっそー。
じゃぁ、神社で石もらって、また登らないとダメでしょ005.gif
山登り修行ですな026.gif
[PR]
by sam-neko | 2014-06-30 10:09 | やまのぼり | Comments(0)

今年は富士山??

久々に会った友達が、去年お友達と富士山登山をしたと聞いて、
私もやっぱり登ってみたいなぁ~とottoへ言ってみたら・・・

私よりもノリノリで。
「登頂したら上で売ってる富士山グッズをいっぱい買ってくる」んだそうな023.gif
荷物が重たくなるし、売ってるかわからないけど、キーホールダーとかいるの??と聞いたら、
多分、富士山登山は1度しか行かれないから、あればいっぱいGetしてくるんだそう。
登ったという証だってサ044.gif

ほぅ、そうですかい。

ただ、私もottoもご来光は別にいいので、できれば日帰りで降りて来られればいいけど・・・
結構時間もかかるので、日帰り登山は難しいかな025.gif

今年もまた登山グッズを買い足しになりそうですわ026.gif
[PR]
by sam-neko | 2014-01-08 08:53 | やまのぼり | Comments(0)

仁頃山。

今日は5時に目覚めて、ベランダへ。
こんな天気。
a0199247_17225181.jpg


雲がヘンなの。
a0199247_17231750.jpg


でも、遠くの山々が見えてるので今日は絶好の山登り日和058.gif

準備をして、早速出発。
仁頃山の登山コースは何本もあって、駐車場もちょこちょこあるけど一体どこから登るか・・・(自分の選択との戦い。笑)

途中、熊の目撃情報にビビり、車で奥の細道(笑)を進んでいくと、木が上の崖?から道にボロっと落ちてたりと、
引き返したくなる気持ちでいっぱいになったところで“奥新道コース”の駐車スペースに停まってる車を見付けて安心して山登りへ011.gif

奥新道コース入口。
a0199247_17323783.jpg

a0199247_1733497.jpg

a0199247_1735790.jpg


少し進むと、横には川が流れていて木を渡る・・・
“どぼん”しないか超心配042.gif
a0199247_17362083.jpg


紅葉。
森林浴~。
a0199247_17371443.jpg
a0199247_17373258.jpg


だいぶ登ってきたところで、案内板。
a0199247_17381830.jpg


そして、紅葉~。
a0199247_17385788.jpg
a0199247_1739963.jpg


♪白樺~
a0199247_1740469.jpg


頂上に建ってるアンテナが見えてきた~!!
あの階段を登るとスグです。
a0199247_1742243.jpg


頂上だと思って、撮ったけど、、、
ダムって大きい。
まだ、頂上はこの上でした。。。
a0199247_17425727.jpg


階段を登って、ホントの頂上。
a0199247_17433247.jpg


頂上から少し下りたところ。
全く、方向が分からない。。。ありゃ002.gif
a0199247_17452175.jpg


やっぱ、今回は紅葉が良かったわ。
a0199247_1745502.jpg


夏山ガイドには、登山時間2時間20分とあったので過酷なのかと思って登ってみたら、
どうやら最短ルートを登ったらしく1時間半ほどで登頂しました026.gif
ちんたら歩いてたので、決してムキムキ歩いてたわけじゃないけど。

ちゃんと汗はかいたので、帰りは“のんたの湯”でひとっぷろでした012.gif
[PR]
by sam-neko | 2013-10-05 17:54 | やまのぼり | Comments(2)

今日の山。

今日は、山の上のほうだけ天気がいいようです。
頑張って登ったら、頂上から雲海が見えるのかな??

a0199247_9413584.jpg

[PR]
by sam-neko | 2013-10-02 09:41 | やまのぼり | Comments(0)

硫黄山。

摩周岳の近くにある硫黄山

夏山ガイドにも、登山道は迷い易いと書いてたけど。
辺り一面、硫黄が吹いた後で白く道という道が無いので迷いやすいんだと・・・
現在は、登山できないみたい。

摩周湖展望台の駐車場チケットは硫黄山駐車場と共通になっていて410円で2か所止められる(2日間有効)ので、せっかくなので帰りに硫黄山にも寄ってきました006.gif

数年前にも来てるはずなのに・・・
今回の方が迫力あるような025.gif

a0199247_9374151.jpg


ヤケド注意・・・って、ヤケドだけで済まされないような・・・
a0199247_9375989.jpg


シューシューって、すごい音。
綺麗なレモン色を見て、かき氷を連想してしまった(笑)
a0199247_9392745.jpg


多分、この岩の影になってるところがスゴイことになってるんだと・・・
蒸気と臭いがすごい!!
a0199247_9403272.jpg


もくもくもくもく。
浦島太郎もびっくり!!
この崖にもびっくり005.gif
a0199247_9412428.jpg


煙がすごすぎっっ。
a0199247_943465.jpg


風向きで、煙がこちらへ・・・
a0199247_9451338.jpg

ottoに「体に悪そうだから、吸わない方が良い042.gif」って。
危険物の試験勉強で、硫黄がでてきたそうな。
でも、温泉って体にいいじゃん?

まぁ、でも匂いがあまりイイモノでもなかったので、息止めてたけどね011.gif
[PR]
by sam-neko | 2013-09-29 09:47 | やまのぼり | Comments(0)

猫のように自由気ままなsamnekoの日記です。好きなもの、ねこ。好きなこと、妄想。生涯、妄想家。趣味&特技『妄想』『友達100人できるかな?笑』性格は、ねこのよう。“意外と”行動派かも。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30